WordPress初期設定の必須プラグインとおすすめプラグイン

Wordpressの通常の初期設定ができたら、次にプラグインを入れていきましょう!

この記事では、WordPressの初期設定で必須プラグインと、また必須ではないけども、後々おすすめなプラグインについてもご紹介していきますね。

Wordpress初期設定の必須プラグインとおすすめプラグイン

WordPressプラグインとは?

 プラグインとは何?

プラグインとは、ブログパーツの様なもので、用途に併せて多種多様です。

一例ですが、セキュリティー面、画像圧縮、文字の装飾、目次ページ作成、お問い合わせフォーム、サイトマップ、SEO効果アップなどができるパーツで、それらのパーツをあなたのWordpressサイトにインストールすることで、あなたや訪問者さまにとって、より利便性が高くなるWordpressサイトを作っていくことが可能となります。

だけど、無数にあるプラグインを一つ一つ使い方などを検索していくと、それこそ日が暮れてしまいます。

そこで、僕が厳選したWordpress初期設定に必須なプラグインと、必須ではないけど後々おすすめできるプラグインについても併せてご紹介していきますね。

WordPress初期設定で必須なプラグイン

環境構築プラグイン

環境構築プラグイン

〇Contact Form 7

お問い合わせフォームを作ることが出来るプラグインです。

お問い合わせフォームには、コメント欄には書けないお問い合わせがあったりします。例えば、僕のメインブログ(ダイエット・美容関係)の場合、通常のASP市場では公開されていない、クローズな独占案件を持つASPなどからお声がかかることもあるので、入れておいた方がよいです。

また、万一クレームなどがあったときにでも適切に対応することが可能となります。

【WordPressプラグイン】お問い合わせフォームの設定方法

〇Google XML Sitemaps

サイトマップを定期的に自動でグーグルへ送る事ができるプラグインです。サイトマップを送る事で、あなたのサイトをグーグルがどの様なサイト構成なのかを把握することができるので、インデックス促進にもつながります。

⇒設定方法(執筆中です。)

〇PS Auto Sitemap

こちらもサイトマップですが、これはあなたのサイトのサイトマップを作成してくれるプラグインです。サイトマップ自体あまりアクセスはないですが、中にはみたい方もいるので、入れておいても損はないでしょう。

⇒設定方法(執筆中です。)

〇Table of Contents Plus

記事の目次ページを作ることができるプラグインです。記事に小見出しをつけてあげることで、自動で目次ページを作成してくれるので、とってもおすすめですよ。

【WordPressプラグイン】目次ページの作成と設定方法

〇WP-DBManager

自動であなたのサイトのバックアップをとってくれるプラグインです。万一、サイトがおかしくなったとしても、このプラグインをいれておくと万一のために安心です。また、バックアップが完了した旨のメール通知の設定も可能となります。

⇒設定方法(執筆中です。)

〇Broken Link Checker

リンク切れを自動検出してくれるプラグインです。あなたのサイトや、外部サイト全てのリンク切れを検出してくれます。

存在しないサイトへのリンクをいつまでも貼っていると、当然グーグルは、あなたのサイトへの信頼度が下がってしまいます。また、メンテナンスもされない価値の低いサイトだとも思われる可能性もあるので、必ず入れておきましょう!

⇒設定方法(執筆中です。)

〇WP Multibyte Patch

Wordpressは世界共通の高機能ブログツールです。このプラグインがないと機械的に日本語を正しく扱う事が出来なくなってしまいます。Wordpressインストール時に、はじめから入っているプラグインですので、それだけ重要なプラグインです。

WP Multibyte Patchの設定は不要?機能を簡単解説

セキュリティー対策プラグイン

セキュリティー対策プラグイン

〇Akismet

Wordpressのお問い合わせフォームなどを作ると、スパムメールが多数送られてきます。このプラグインは、そういったスパムメールを全て自動的に排除してくれる万能プラグインです。これも、「WP Multibyte Patch」と同様に、Wordpressインストール時から入っているプラグインですので、とても重要性が高いです。

⇒設定方法(執筆中です。)

〇WordPress Ping Optimizer

通常、Wordpress初期設定の更新情報サービスの設定(ping通知の設定)をした場所へ、記事の更新をする都度、それらの場所に更新通知を送ってしまいます。

これを過度に繰り返りしてしまうと、相手方のサーバーに、その都度負荷がかかりスパムとみなされる可能性が高いです。このプラグインを設定することによって、初回の更新時にだけping情報を送ることが可能です。

【WordPressプラグイン】ping送信のスパム判定回避方法

〇PubSubHubbub

グーグル開発部門の最高責任者であるマッツカッツ推薦プラグインです。サイト運営歴が長くなってくると、次第にあなたの記事を盗用する方があらわれることがあります。

あなたの記事をオリジナルだと判定してもらうために、グーグルにいち早く更新通知を送り届けるプラグインです。あなたの記事が盗用サイトより検索順位が下なんて絶対ならないためにも、必ずいれておきましょう!

【WordPressプラグイン】インデックス速度を促進する方法

SEO効果アッププラグイン

SEO効果アッププラグイン

〇.html on PAGE

Wordpressは基本、phpという動的ページで作られています。動的ページはhtmlなどの静的ページに比べて、SEO効果が低いといわれています。

Wordpressの初期設定でカスタムパーマリンク「/%post_id%.html」の設定をしただけでは固定ページが静的ページになりません。

このプラグインを使用することによって、固定ページでも「.html」の静的ページに変換することができます。記事のURLをhtmlで統一している方には、見た目も綺麗ですので、おすすめですよ。

【WordPressプラグイン】固定ページに.htmlの設定方法

〇All In One SEO Pack

メタタイトル、メタキーワードなど、簡単に記事の編集画面で設定できるのでとってもおすすめです。グーグルに強調したいキーワードを認識してもらえるので、SEO対策にもつながるでしょう。

⇒設定方法(執筆中です。)

〇WordPress Related Posts

記事下に関連記事を表示させることができます。関連記事のバリエーションが豊富で、また好きな位置に関連記事をいれることもできる万能プラグインです。サイトの直帰率を下げるおすすめのプラグインですね。

⇒設定方法(執筆中です。)

〇WP Super Cache

キャッシュを作ってくれるので、ページ読み込み時間の短縮につながります。キャッシュの有効期限の設定や、プリロード時間を設定することで、サイトの読み込みスピードをさらに短縮することが可能です。必ず入れておきたいプラグインです!

⇒設定方法(執筆中です。)

記事編集に便利なプラグイン

記事編集に便利なプラグイン

〇TinyMCE Advanced

WordPressで記事の執筆時に使う編集パーツです。デフォルトの記事編集パーツでは必要最低限のものしか含まれていないので、このプラグインがないと記事の装飾などほとんど出来ないです。。

【WordPressプラグイン】エディタカスタマイズで文字の装飾

〇Category Order

このプラグインがないとカテゴリーの順番を変更することができないです。単純にカテゴリーの順番だけを変更するプラグインですね!

【WordPressプラグイン】カテゴリーの順番を変更する方法

〇Compress JPEG & PNG images

JPEGファイルや、PNGファイルの画像ファイルを平均60%ぐらいも圧縮してくれる、とってもおすすめのプラグインです。画像もほとんど劣化しないので、ほとんど人間の見た目ではわからないくらい綺麗です。ただし、無料の場合は月500画像までです。

手動なら下記サイトで無料かつ無制限で圧縮できます!少し手間ではありますがww
高機能画像圧縮サイトTinyPNG

⇒設定方法(執筆中です。)

〇EWWW Image Optimizer

こちらのプラグインも画像圧縮プラグインです。「Compress JPEG & PNG images」のプラグインと比較すると圧縮率30%ぐらいですので、少し圧縮率が悪いですが、無料かつ無制限につかえます。

また、テーマファイルに使っている画像なども圧縮することができるのはこのプラグインの強みです。僕の場合は、綺麗で圧縮率が高い「Compress JPEG & PNG images」のプラグインをメインで使っていますね!

手動で圧縮するのが面倒な方は、こちらのプラグインがおすすめですね!

⇒設定方法(執筆中です。)

〇AdSense Manager

記事中の好きな場所に広告を入れ込む事が可能です。使い方次第ではランディングページの画像リンクなども入れること可能です。htmlの知識がなくてもできてしまうのは万能すぎます。

⇒設定方法(執筆中です。)

WordPressで後々おすすめなプラグイン

〇Multi Plugin Installer

新たなWordpressサイトを構築した時におすすめのプラグインです。このプラグインをインストールすることで任意のプラグインをまとめてインストールと有効化まですることが可能です。

【WordPress】複数プラグインを一括でインストールする方法

〇WP-Copyright-Protection

気休め程度ですが、記事の盗用を抑止する為の右クリックを禁止するプラグインです。

【WordPressプラグイン】記事のコピペを防止する方法

〇Image Widget

サイドバーなどに、画像付きリンクを設定したい時におすすめのプラグインです。ウィジェットなので、ドラッグ&ドロップで好きな場所に配置することも簡単です。

【WordPressプラグイン】ウィジェットに画像挿入する方法

〇Master Post Advert

続きを読むタグに広告など入れたい時に役立つプラグインです。もちろん広告以外も画像付きリンクなどを入れ込むことが可能です。

⇒設定方法(執筆中です。)

〇Social Media Widget

TwitterやFacebookなどのSNSのフォロー専用ボタンです。種類も50種類以上あり、かつシンプルなデザインなので、僕的に結構気に入ってます。

⇒設定方法(執筆中です。)

〇NextScripts: Social Networks Auto-Poster

記事の投稿時にTwitterやFacebookなどのSNSへ拡散することが可能です。記事の投稿時以外にでももちろん1プッシュでSNS送信が可能です。Google+がついていないのは、少し残念なんですが。。

⇒設定方法(執筆中です。)

〇Redirection

サイトのお引越しなどで、記事を移動する時におすすめのプラグインです。301リダイレクトをプラグインでできてしまうので、サイトのお引越しが、ネットビジネス初心者にかなり敷居が低くなりました。

⇒設定方法(執筆中です。)

〇WordPress インポートツール

Wordpressには、記事などのエクスポートは標準で出来ますが、インポートするためには、こちらのプラグインが必要です。主にサイトのお引越しの時に使います。

※サイトのお引越し例

  1. 引っ越し元サイトで「Redirection」を使い301リダイレクトを記事毎設定
  2. 引っ越し元サイトで記事のエクスポート
  3. 引っ越し後のサイトに「WordPress インポートツール」を使い記事のインポート

⇒設定方法(執筆中です。)

〇P3 (Plugin Performance Profiler)

特に、ネットビジネス初心者の方は何でもかんでも、安易にプラグインを入れてしまいがちです。実際に僕がそうでしたので・・・。

プラグインを入れすぎると、ページの読み込み速度がどんどん遅くなってしまいます。このプラグインは、どのプラグインが遅延の原因なのか円グラフや棒グラフを使って数値で検出してくれるのでサイトが遅くなった時はおすすめのプラグインですよ。

僕の使い方は、サイトに遅延が出た時にだけ有効化して、普段は停止させていますね!

⇒設定方法(執筆中です。)

まとめ

この記事では、Wordpress初期設定の必須プラグインとおすすめプラグインにご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

特に、必須プラグインの項目で掲載したものは、Wordpressインストール後の初期設定と併せてプラグインもインストールしておくことをおすすめします。
【WordPress初心者向け】初期設定の方法と注意点について

Wordpressで後々おすすめなプラグインについては、後からその状況にあわしてプラグインを使ってみる感じの使い方でよいです。

あまり使わないプラグインを、ただインストールしておくだけでは、それだけデータ量が増えますし、サイト速度の遅延にもつながってしまいます。ですので、使わないプラグインについては停止させておくこともポイントの一つですね!

コメントを残す