【WordPress初心者向け】初期設定の方法と注意点について

Wordpressの初期設定は、Wordpressインストール後に必ずやっておかなければいけません。この記事では、WordPressの初期設定の方法と初心者がやってしまいがちなポイントや注意点についてもふれてご紹介していきますね。

【Wordpress初心者向け】初期設定の方法と注意点について

WordPressの初期設定

Wordpressの初期設定のタイミングとしては、Wordpressテーマ変更後でも大丈夫です。ポイントとしては、記事の投稿前には必ず設定しておくと思って頂ければ大丈夫です。

Wordpressテーマの変更・インストール方法は、下記の記事を確認してくださいね!
【WordPress初心者向け】テーマのインストール方法

まずはじめに、初期設定の項目を以下となります。

〇Wordpressの初期設定の項目

  • 一般設定
  • 投稿設定
  • ディスカッション
  • パーマリンク
  • プラグイン設定

の設定です。プラグイン設定の詳細は下の記事を参考にしてくださいね。
WordPress初期設定の必須プラグインとおすすめプラグイン

では、早速Wordpressの初期設定の方法についてご紹介していきますね!

WordPressの初期設定の方法

1.Wordpress一般設定画面

Wordpressの初期設定1

Wordpressの初期設定2

  1. 「設定」⇒「一般」を押下します。
  2. WordPress自動インストール時に、設定した内容がこちらに反映されます。
  3. キャッチフレーズ」は任意で設定してください。過剰SEOの観点から、あまりキーワードを詰め込みすぎない方がいいです。あくまでも自然なキャッチフレーズが好ましいです。
  4. 後はデフォルトのままでOKですので、「変更を保存」を押下します。

※注意点として、ブログ名などを、あまり変更することはよくないです。もし、ブログ名などの間違いなどあれば、この初期設定の段階で変更しておきましょう!

2.Wordpress投稿画面

Wordpressの初期設定3

Wordpressの初期設定4

  1. 「設定」⇒「投稿設定」を押下します。
  2. 更新情報サービスに、ping情報を全て追加します。ping情報は、下記よりテキストファイルをダウンロードして、そのままあなたのサイトに「コピペ」してください。
    2016年最新のping情報をダウンロード
  3. ping情報の貼り付けが終わりましたら、「変更を保存」を押下します。

※注意点として、ping情報の設定をしておかないと、インデックス速度がおちてしまいますので、忘れずに設定しておきましょう!

3.Wordpressディスカッション画面

Wordpressの初期設定5

Wordpressの初期設定6

  1. 「設定」⇒「ディスカッション」を押下します。
  2. 他のコメント設定欄より、コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にするの「チェックをはずす」ようにしておきましょう。
  3. その他は、デフォルトのままでOKですので、「変更を保存」を押下します。

※2番についてですが、メールアドレスを必須にしてしまうとコメントがつきづらいです。勇気をもってコメントをつけてくれる方は、あなたのサイトにファンになってくれる可能性が高いです。

4.Wordpressパーマリンク設定

Wordpressの初期設定7

Wordpressの初期設定8

  1. 「設定」⇒「パーマリンク設定」を押下します。
  2. 共通設定の欄の「カスタム構造」を選択し、「/%post_id%.html」と入力します。
  3. 最後に「変更を保存」を押下します。

〇注意点1

パーマリンクは、WordPressの初期設定で必ず設定してください。

パーマリンクの変更をするのを忘れたからといって、後々変更してしまうと・・・。今まで蓄積してきたリンクパワーやSEOパワーも失う事になりかねないので、始めに必ず設定してください。

〇注意点2

カスタム構造を記事タイトルのパーマリンクにすることも可能です。その場合、「/%postname%.html」と入力します。

この場合の記事URLは、

「http://kanyamaru.com/wordpressの設定方法.html」や、「http://kanyamaru.com/wordpress-settei-houhou.html」の様になります。

キーワードがきちんと入ってSEO的にも一見よさそうにはみえますが・・・。

当然、デメリットがあります。

前者の日本語の場合、スマホでのサイト閲覧時や、記事のURLをコピーすると、日本語の部分が意味不明な暗号の羅列(PunyCode)に変わりURLが異常に長くなってしまいます。下記の様になります。。

http://kanayamaru.com/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9

こうなると、インデックス速度がおちるということもあるようですよ。また、怪しいURLになってしまうため、クリック率や、ナチュラルリンクをもらえる可能性も下がります。

後者はそういったことはないのですが、当然デメリットがあります。記事を書くごとにURLも決めないといけないですし、キーワードを詰め込む形になりますので、URLが長くなってしまう傾向があります。

URLが長くなると、Twitterでは140文字の文字制限がありますので拡散されにくいといったデメリットもあります。

そのため、postnameは、SNS(Twitter、Facebook、Line、インスタグラムなど)での拡散は不向きのパーマリンクともいえるでしょう。

現在、スマホからのアクセスが9割を占めている時代ですので、スマホの最適化は必須事項です。そのため、僕的には上記のデメリットが少ない「/%post_id%.html」を推奨しています。

※スマホ経由のアクセスが9割のデータを下記の記事に掲載していますので、是非参考にしてくださいね。
無料ブログと独自ドメインのメリット・デメリットについて

まとめ

この記事では、Wordpress初期設定の方法と注意点についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

特にWordpressをこれからはじめる初心者の方ですと、初期設定を疎かにしてしまいがちです。だけど、初期設定はとっても大事な項目です。

更新情報サービスのping情報も大事な項目ですが、、

パーマリンクを後から変更するとなると、サイトの検索順位が大きく下降してしまう要因ともなります。

これらの初期設定は一度設定するだけでOKですので、はじめのうちにきちんと初期設定を済ませておきましょうね!


ブログランキング・にほんブログ村へ

かにゃまるがネットで稼げるようになったきっかけはこちらです。^^ ネットビジネス初心者にもおすすめのノウハウです。 実績も公開しておりますので、是非参考にしてください。 半年で月収10万円

コメントを残す